膀胱炎と思ったら病院へ行こう

膀胱炎にかかったかもしれないと思ったら、まずは病院や医院などを受診しましょう。
診療科は、泌尿器科です。
しかし、内科でも診断される医師がほとんどです。
また婦人科でも診断してもらえる場合が多いです。
膀胱炎は女性に多い病気ですが、泌尿器科クリニックの待合室などでは男性の患者さんと一緒に待つことになります。
それを、恥ずかしがって婦人科や内科を選ぶ女性は少なくありません。
“膀胱炎と思ったら病院へ行こう” の続きを読む

膀胱炎にかかったらどうする?

膀胱炎にかかったら、一番先にするべきことはお医者さんへ行くことです。
膀胱炎を見てくれる診療科は泌尿器科ですが、泌尿器科が近所にない場合には内科でも構いません。
膀胱炎は、患者数が非常に多い病気なので、内科のお医者さんでも診断をつけてくれることが多いのです。
頻尿や残尿感、排尿痛などの特徴的な症状があると、内科や泌尿器科ではまず膀胱炎を疑います。
そのため、症状を訴えればほとんどの場合、尿検査をしてくれます。
原因になっている菌を特定できれば、その菌に強い抗菌剤を処方されます。
“膀胱炎にかかったらどうする?” の続きを読む

膀胱炎の検査方法

膀胱炎の診断には、尿の中に菌がいるかどうか?白血球があるかどうかを調べます。
最も基本的な検査方法は尿検査です。
尿検査の尿は出始めの尿よりも中間の尿を取ります。
出始めの尿には、尿以外のもの(おりものなど)が、混入しやすいからです。
場合によっては導尿をすることもあります。
導尿とは、尿道にカテーテルをいれて尿を採ることです。
この方法なら、膀胱内の尿を直に取れるので、正確な検査結果が得られます。
“膀胱炎の検査方法” の続きを読む

膀胱炎が女性に多い理由

膀胱炎は、圧倒的に女性に多い病気です。
女性の体の構造がその原因です。
男性は尿道が15?程度なのに比べると女性は4〜5?程度しかありません。
細菌が侵入しやすい構造なのです。
尿道口と肛門が近いのも、膀胱炎が女性に多い大きな理由です。
肛門の周囲は、清潔にしていても大腸菌が付着しています。
油断すると大腸菌が膀胱へ侵入してしまいます。
“膀胱炎が女性に多い理由” の続きを読む

膀胱炎の症状は分かりやすい?

膀胱炎は急性膀胱炎と慢性膀胱炎があります。
慢性膀胱炎はあまり顕著な症状がなく、穏やかな症状が静かに進行します。
急性膀胱炎は、急に不快な症状が現れるので、すぐに何らかの病気にかかったと気づくことができます。
膀胱炎の症状は、排尿痛、頻尿、尿混濁、下腹部痛、残尿感などの比較的わかりやすい症状が出ます。
“膀胱炎の症状は分かりやすい?” の続きを読む