膀胱炎の治療には泌尿器科への通院が必要?

女性の泌尿器科の病気

女性の泌尿器科の病気で多いのが膀胱炎で、ほとんどは大腸菌をはじめとする細菌が尿道から入り込んで起こります。

特に女性は尿道が短くて膀胱に菌が入りやすいため膀胱炎になりやすいですし、再発を繰り返す方も多いのです。

膀胱炎の初期症状として顕著なのがトイレに行く回数の増加する頻尿で、それ以外に排尿時に下腹部に痛みを感じるようになったり、残尿感が強くなったりするといった症状もみられます。

さらに症状が進行すると痛みが酷くなったり、尿が濁ったり血尿が出たりすることもあるのです。

一般的に泌尿器科を初期来院する人は、痛みを感じてから来院するケースが多いですが、できることなら頻尿の段階で来院することをおすすめします。

膀胱炎になる原因は、細菌が膀胱内に侵入し増殖することですが、膀胱に細菌が侵入したからと言って即座に膀胱炎になるとは限らないのです。

健康な状態なら細菌が膀胱に侵入したとしても、本来体が持っている病気になることを防ぐ抵抗力で増殖が抑えられます。

つまり健康な方なら体の持つ免疫力で細菌の増殖を抑えることで、膀胱炎が発症することを防いでくれるのです。

しかし睡眠不足・精神的ストレス・疲労などで体の抵抗力が弱まっていくと、細菌の増殖を抑えることができなくて膀胱炎が発症しやすくなります。

また、月経の前後や性行為後など陰部に細菌が繁殖しやすい状態にある時は感染しやすいと考えられて、それにより発症してしまうこともあるのです。

通院が必要?

泌尿器科では、まずは尿検査により尿中の白血球濃度を測定して、白血球数が多いと尿路の炎症が疑われるために、抗生物質の投薬による膀胱炎の治療を実施するのです。

ほとんどは菌に感染したことで膀胱炎を生じるので、抗生物質の投与によって菌を死滅させると、数日間で症状は治まっていきます。

その為、治ったかなと自己判断をして、抗生物質の服薬を中止する方もいますが、症状が改善されたように思えても、膀胱内の炎症がまだ治まっていなかったり、細菌が残っていたりすることがあるのです。

ですから、処方された分の薬については最後まできちんと飲むようにすることが大切と言えます。

また膀胱炎の治療は、泌尿器科への通院は必要ないと考える方も多いです。

しかし抗生物質の投与で症状が改善されない場合には、膀胱炎以外の病気や複雑性膀胱炎の可能性も考えられて、再度検査をした上で適切な治療を行います。

その為、何度も通院する方もいるので、膀胱炎の治療には泌尿器科への通院が必要と認識しておくことも必要です。

泌尿器科ではどのような疾患の治療を受けられる?

広い領域の治療をしている

泌尿器科は、尿路疾患から男性生殖器系、女性の骨盤疾患に至るまで、広い領域の治療を専門分野とする科ですし、実際の臨床では外科であると共に内科的な管理もしています。

また泌尿器科の中には、専門領域として小児泌尿器科・泌尿器腫瘍・腎移植・尿路結石・尿路感染症・女性泌尿器科など、単独の科で様々な分野が存在しているのです。

それから、内分泌・生殖機能・性機能、老年泌尿器科・前立腺肥大症、排尿機能・神経泌尿器科、外傷・救急医療、基礎研究などもあります。

このように、単独の科でいろいろな分野が存在していることは、泌尿器科の大きな特徴となっているのです。

“泌尿器科ではどのような疾患の治療を受けられる?” の続きを読む

ジメジメした季節は細菌に注意を

季節で注意したい細菌

厚生労働省の発表によると5月~10月頃にかけての季節は、細菌による食中毒の発生件数が多いことがわかります。
ジメジメしたむし暑い季節は細菌が増えやすいため、食あたりなどお腹のトラブルを起こしやすい時期です。
しかし、最近では冬場の季節でも発生件数が増えていて、これはノロウイルスなどの細菌が原因で起こる食中毒で、夏以外の季節も注意が必要と言えます。
また、食中毒が多発する初夏から初秋にかけての季節は、下痢などの症状を引き起こす病原性大腸菌にも注意が必要です。
ただ大腸菌は家畜や人の腸内に存在している細菌で、そのほとんどは害がありません。
しかし、中には人に害を与えることがありますし、膀胱炎は大腸菌などの腸内細菌の感染で発症するのです。
“ジメジメした季節は細菌に注意を” の続きを読む

女性は尿意の我慢し過ぎに注意

尿意の我慢は膀胱炎になる?

女性がどうしてもなりやすい病気となるのが膀胱炎です。
膀胱での細菌感染により炎症が起きるという病気となり、なった場合は排尿痛や頻尿、残尿感などいろいろな症状が出てストレスとなる場合があります。
なるべくこの病気を避けたいところでしょうが、そのために知っておきたいことの一つが尿意を我慢しすぎないことになるのです。
もしこれをした場合、尿道炎になりやすくなります。
“女性は尿意の我慢し過ぎに注意” の続きを読む

細菌への感染

細菌の感染

膀胱炎の原因は細菌です。
つまりこの病気になったときにはどこかで細菌に感染していた可能性が高いのです。
これについて特に心当たりがない方も多いでしょうが、膀胱で細菌感染が起こる原因は日常生活の中にあります。
気をつけたいポイントをいくつかご紹介しましょう。
“細菌への感染” の続きを読む

尿検査で菌はわかる?

膀胱炎の検査

女性がなりやすい膀胱炎ですが、原因は膀胱に入り込んだ菌となります。
今膀胱の中に菌がいることや、その菌の種類などわかれば膀胱炎との診断もより的確となりますし、治療法もわかります。
これをどうやって調べるのかというと、尿検査となることが多いです。
尿を調べるだけで菌がわかるのか、あまりイメージはないかもしれませんが、尿を使った検査だけで菌の種類がわかる場合もあります
そのため膀胱炎だからといって特別な検査などはあまり必要なく、尿検査だけでその診断と治療法の判断ができる場合もあるのです。

病院での尿検査

膀胱炎の可能性があると判断されたら尿検査を病院で実施されます。
この尿を使って膀胱に菌がいるかどうか、その菌の種類は何か、なるべく正確に調べるため、採取する尿は出始めよりも中間の尿を取るように言われる場合もあります。
病院が指示するとおりに尿をとれた方が、結果がより正確になりますから、指示があった場合はそれにしたがってください。
採取された尿を使って調べているのは、白血球や菌の数などです。
これらが一定数以上見つかったら膀胱炎と診断されます。
さらに菌の種類を調べることもあります。
見つかった菌を培養してその種類を調べ、抗菌薬の効き具合などを確認する場合もあるのです。
このようなことで、患者の膀胱に菌がいるのかどうか、菌の種類は何で、どの抗菌薬が効くのかを調べられます。

膀胱炎を起こす菌とは

膀胱炎の原因になっている菌の種類ですが、その多くは大腸菌と言われています。
大腸菌は腸内細菌となり、肛門の付近にいますが、女性の尿道は肛門に近いうえに尿道が短いですから、この大腸菌が膀胱の中に入り込んで増殖し、炎症を起こすといったケースが比較的よくあります。
ただ、すべての膀胱炎の原因が大腸菌というわけではありません。
別の種類の細菌、たとえば性病を引き起こす細菌が原因というケースもあります。

膀胱炎の症状があれば病院へ

ご紹介したように膀胱炎かどうか、その原因となる菌の有無や種類について、病院で受けられる尿検査などでわかります。
検査を受けるために特別な手間や痛みなどはなく、比較的簡単に膀胱炎かどうかはわかりますから、気になる症状があるときは病院を受診してください。
ちなみに膀胱炎の症状とは排尿痛、下腹部痛、頻尿、残尿感、尿が濁る、血尿などです。
膀胱炎が診られるのは泌尿器科、婦人科などとなりますから、気になる症状があるときは気軽にこれら病院を利用してください。

急性膀胱炎の特徴

急性の特徴とは

膀胱炎にもいくつかの種類があるのですが、その中で急性膀胱炎とはどんな特徴があるのでしょうか?
急性と聞くと突然症状が現れるなどとにかく進行の早い病気に思えるかもしれませんが、これがいわゆる一般的によくいわれる膀胱炎となります。
つまり女性がなりやすい病気で、尿道から入った雑菌が膀胱で増殖したために起こる膀胱炎のことですね。
この病気の特徴は、よくいわれるように女性がなりやすいことです。
“急性膀胱炎の特徴” の続きを読む

残尿感や痛み

残尿感や痛みがある

尿をするときに痛みがある、尿を出し終わったのに残尿感が強いといったとき、それは膀胱炎が疑われます。
なぜこのような症状が出るのでしょうか?
まず排尿時の痛みの原因ですが、これは炎症が起こっている膀胱が排尿のために縮まるためです。
膀胱炎になるとその名前の通り膀胱で炎症が起きていますから、排尿のたびに痛むといった症状が出るのです。
“残尿感や痛み” の続きを読む

コンジローマとアルコール消毒

コンジローマになったら

コンジローマになると性器や肛門といった部位にイボができます。
痛みやかゆみといった不快な症状はないものの、治療しないと他人にうつす病気となりますし、患者本人としてもその見た目を何とかしたいと、治療を希望する方もおられますよね。
このときにセルフケアとしてアルコール消毒で治せるのでしょうか?
コンジローマの原因となるのはヒトパピローマウイルス、つまりはウイルスなのです。
それが原因なら、症状が出ている患部にアルコール消毒を吹きかければ消毒でき、症状が治るのではという気もしますよね。
“コンジローマとアルコール消毒” の続きを読む